株を購入する流れ

株を取引する時には、どのような流れなのか知っていますか。
株に興味があっても、その手順を知っていなければ、スムーズに取引を進めることはできません。
そこで、株取引にをする際の手順を説明していきたいと思います。

 

株取引をする時の流れ

 

@口座を作る
株を始める時の始めの作業としては、株を取引する際に必要となる口座を作らなければなりません。
株取引をする際には、普通の銀行口座ではなく、取引をする証券会社の口座を作らなければ、取引はできません。
様々な証券会社があり、手数料やサービスなどの内容が異なりますので、よくよく調べた後に自分の取引の仕方などに応じて口座を選んでください。

 

A口座にお金を振り込む
口座を作った後は、取引するために必要な資金を口座に振り込んでください。
もちろんですが、口座にお金がなければ株取引はできません。
振り込んだ費用の分だけ取引ができます。
振り込み手数料に関しては、口座によって特定の金融機関からの振り込みは、手数料が無料になる場合もありますので、その点も調べておきましょう。

 

B取引をする銘柄を選ぶ
どの銘柄で取引をするかを決めます。
応援したい企業の株、有名な企業の株、利益になりそうな株など、様々な選び方があります。

 

C買い注文をする
取引したい銘柄が決まったら、実際に買い注文をしてみてください。
買い注文の仕方は、証券会社によって若干異なる場合もありますので、事前に調べておきましょう。
株式会社の中には、インターネットや携帯電話で注文できるところもあります。

そもそも株って何?

実際に株取引をしたことがない人でも、株という言葉を聞いたことがあると思います。
とはいえ、株について詳しく知っている人というのは意外に少ないです。
ここでは、株のことを説明していきたいと思います。

 

株とは?

 

株というのは企業が必要とする費用を投資してもらうという仕組みのことを言います。
企業をうまく成長させていくためには、労働者の給料、仕事をするうえで必要な機器を購入する費用などが必要になります。
この費用を集めるためには、2つの方法があります
1つ目が銀行からお金を借りる方法、2つ目が株式を発行してもらい、投資家に資金を出してもらう方法です。

 

企業側はこれから成長していきたいから、投資家にその資金を出してもらいます。
そして、投資してもらったという証拠として、投資家には株を渡します。
企業は投資してもらったお礼として、配当金を出したり、その企業で取り扱っている商品を特別に安くで提供します。
また、株を所有していることにより、株主総会に出席できるようになります。
株主総会では、その会社の経営方針などについて意見できるため、より会社をうまく回していくために的確な意見を述べてください。

 

ちなみに、株主総会では投資している額に関わらず、その意見を述べることができるのですが、その影響力は株を所有している数によって異なります。
つまり株を多く持っているほど、その会社に大きな影響を与えられるということなのです。
それも意識しながら、株式の取引を始めると良いでしょう。

株の手の出し方

 っていうものを学んでいます。といっても、試運用みたいなもので、決して本格的にやろうとは思っていません。ちょっとどんな具合だろうなあ、って感じです。先ず株をやるとなったらしなくてはならないのが、銘柄の確認ですよね。ここは当たり前です。今急成長の会社の株を買うってのが、もちろん勝てる一番のそれなんでしょうが、素人目にそんなのを買ったとしても売りどきがわからなくなるだけですよね。株買い方にもたくさんありますし、一株ずつ買うのか、まとめて数十株買うのか……。本当にまったくもって、わからないことだらけです。

 

 単純に考えれば、安い時に買って、高い時に売ればいいだけなのですが、そう簡単に行ったら世の中みんなお金持ちになっています。やっぱりどこかで引っ掛けがあったりだとか、落とし穴があったりするんだろうなあ、って思ってます。しかし、安い株というのはとても難しいそうで、安いから簡単に手を出せそう、なんて思ってはダメなんだとか。

 

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託)